2005年05月19日

EXPO 2005

万博に行ってきました。9:00〜22:00まで現地滞在13時間というヘビーな内容。一週間前にツアーを申し込んだので、当然事前予約分は既に完売。ネットで色々下調べはしたのだが、結果的には現地での当日予約も行わず、先着順に並ぶと言うローテク路線となった。でもそれなりに楽しめたように思う。しかし「グローバルコモン」って名称はどうだろう?素直にヨーロッパゾーンとかの方が分かりやすいように思うのだが。

長久手日本館
西ゲートから入場直後、「今なら20分待ちで予約券なしで見れま〜す」という呼び込みに吸い込まれて、予定していなかったのに入ってしまった。実際は待ち時間無しですぐに入れた。最初の上映までが約20分という事だったようだ。戦後60年間の家電製品などが並んでいるコーナーが懐かしくて面白かった。次の部屋の壁に小野道風、空海、藤原定家、もう一人誰だっけ?による春夏秋冬の書が印刷されていて目を奪われる。いやぁアートでやんすな。巨大球形スクリーンに入る。橋の一部がガラス張りで、下には雲が流れるような映像が映されている。大丈夫だと分かっていても恐い。CGの映像は中々な迫力だったが、解像度がやや粗い印象。複数台のプロジェクターで投影しているのだと思うのだが、つなぎ目はあまり分からなかった。

マンモスラボ
グローバルコモン3に移動しようとしてたら、「今なら待ち時間なしで予約券なしでマンモス見れま〜す」という呼び込みに吸い込まれて、諦めていたマンモスラボへ。動く歩道に運ばれながら約1分間のマンモスとの対面。迫力はあったが、まぁ写真やテレビで見るのとそんなに印象は変わらなかった。でも本当はすっごく見たかったんだよねマンモス。だから満足。

グローバルコモン3
Europe by Nature Caffe
細長いピザ風のがバゲット。チーズが美味い。ハムもカリカリに焼けていて美味しい。プリンみたいな形のケーキがカヌレ。ラム酒と蜜蝋が美味しい。


トルコ館
天下を取った国ってやっぱ文化がありますな。幾何学模様フェチにはたまらん感じの展示でした。

クロアチア館
15分待ち。良質な短編映画みたいで、とにかく映像が良かった。音楽も良かった。セリフも字幕も無しでも感情に訴えかけてくるものがある。費用対効果では万博中ナンバーワンだと思う。アイディアとセンスがずば抜けている。アメリカ以外の映画が好きな人にはお勧め。
グローバルコモン5
アフリカ共同館
アフリカの各国の土産屋が集合。アフリカ物産展みたいなもんです。でも東京とかのセンスの良いエスニックな雑貨屋の方が、良いものが簡単に買えると思う。高いけどね。まぁそれは審美眼代ってことですよ。類人猿の骨とかもありした。


南アフリカ館
まだランチには早い感じだったので入ってしまった。

Restraunt Africa KOKO
チキンの串焼き、パン、カレー、クスクスのセットとアフリカビールを買って屋外で食べる。エスニック系の料理が好きな人にはお勧めです。

ちなみに会場ではゴミの分別が厳しいのですが、串を「割ばし」の所に入れると馬鹿なバイトに「ここは割ばしだけを入れてください!」と、えらそうに言われた後に「あー、ここって一人だと大変だよねー」と仲間のバイトに愚痴をこぼされます。だったら「串はこちら」と書いたプレートとか、串を貼付けて矢印書いたプレートとか用意しろよ!フランス人(前述のカフェ)でもそれぐらいちゃんとやってたぞ!これからも毎日毎日誰かが串捨てるたびに文句言うだけじゃ芸が無いぞ!客に勝手なルールを押し付けるな!改善しろ!怒鳴ってやろうかと思ったが、まだ一日長いので無視した。
グローバルコモン4
コーカサス共同館
何見たっけ?よく覚えてないや。

ポルトガル館
なんで並んでしまったんだろう。きっと魔が差したんだな。火縄銃がありました。

チェコ館
変な楽器みたいなのがいっぱいあって面白いのですが、遠足の小学生多数が一緒だったのでなんか騒々しかった。

ロシア館
ダンスとか歌とかをパビリオン前でずっとやってて、列に並んでても楽しめる。ここにはマンモスの全身骨格と、足のミイラがあります。ロシア版のスペースシャトルの模型があって、なんだか微妙な大きさで安っぽい感じなんだけど実物大と知ってなおびっくり。一人乗りなんだそうな。他には謎なミニチュアがあって、米粒にモリゾー&キッコロが書いてあった。ほとんどの展示に説明が無くて意味不明ですが、なんだか楽しめた気もします。


リトアニア館
パビリオン中にオブジェがあって、とにかく中が移動しにくいです。それにビデオが流してあるだけでなんだかよく分かりません。ビール飲んで酔っぱらった親父が椅子に寝転んでる隣に、修学旅行の女子中学生の集団がいたりして、単なる休憩所と化していました。

ベルギー館
とりあえずカフェへ。メニューの一番最初に載っていたビールを頼んだのだが、実に美味しかった。銘柄毎にグラスが違うようで、ビールに対する文化の深さを感じる。嫁はコーヒーマシンが故障中だったので、オレンジジュースとチョコレートワッフルを頼んだ。ワッフルは隣接する売店のもので、日本のチェーン店らしいが美味しかった。ベルギー館はなんだかよく分からなかった。ルーベンスの絵とか好きな人には良いのかも。パトラッシュ!

キッコロゴンドラ
北へ移動。人が多い。なんか都心に出てきたような感じ。


グローバルコモン1
インド館
一階は申し訳程度の展示で、あまりやる気が感じられない。二階部分は全部土産屋でやる気爆発。気の弱そうな人が店員に捕まってて、とっても不要そうな物を呪文のように繰り返し繰り返し勧められていた。偏見だけどインド人の目って感情が読めなくてなんだか恐いよなぁ。本当にIT先進国なんだろうか?

ネパール館
すいてたので入ってしまった。

モンゴル館
ゲルはあるけど入れないし、でも中でスタッフが携帯で電話してるし。

ブータン館
国王の写真があったんだけど、若くてハンサムでした。

スリランカ館
民芸品の製作実演が行われていました。

グローバルコモン2
中米共同館
なんかね、ピラミッドの模型とか安い感じなのよ。

アンデス共同館
ペルーに行ったことのある私としてはアンデスは外せない。先週やっとオープンしたらしい。この日はペルーの陶芸家が来ていて、彼の作品が展示されていた。伝統の技術とスタイルを用いながらも、芸術性の高い素晴らしい作品だった。やっぱり展示は本物が良いよね。館内のレストランにセビッチェ(海鮮サラダ)とかクスケーニァ(クスコのビール)あって食べたかったのだがパスした。

アルゼンチン館
16:00からのタンゴショーを見にいく。タンゴの前に10分間のビデオを見せられたのだが、それはその前にずっと上映していたもののダイジェストみたいなもので、しかもそれまではスペイン語に日本語字幕だったのが音楽だけになって、しかも編集がお世辞にもうまくなく、更に疲れもピークになってって立ったまま寝そうになった。タンゴは素晴らしかったです。


ドミニカ館
来週ドミニカ共和国デーだからか改装中?らしく入れなかったのだが、冷凍マンゴーを食べた。カチカチに凍ったマンゴーではなく、解凍された柔らかいマンゴーでした。お土産にマンゴークッキーも買った。やってない割には売り上げ良かったりして?

メキシコ館
中米共同館とアンデス共同館と同じテイストなのは何故。アステカ/マヤとインカは全然違うんだけどね。

三菱未来館
20分待ち。映像は粗が目立たない美しさだったが、ストーリー展開に無理がある気がした。月があるからこそ潮の干満があり、豊かな自然があり、そして月があるのは奇跡的な偶然だというのは分かるのだが、月のない地球の描写は面白味に欠ける気がした。人間のような進化した生物はいないっていって、翼竜みたいなのが出てくるのだが、翼竜ってそうとう進化した生物だと思うのだが。更に環境問題への話の持って行き方も力量の無い監督の映画の無理矢理なエンディングのように唐突だった。

グローバルコモン6
インドネシア館
バリ島に二度行った私としてはインドネシアは外せない....外しても良かったかも。何かもう感覚がおかしくなってきて他のパビリオンはパス。

スリランカ レストラン
カフェテリア形式のカレーレストラン。一緒にデザートはどうだ、サラダはどうだと勧められる。中々押しが強いが、この人たちはインド人と違って別に恐くない。単なる偏見だけど。ウエイトレスさんが席まで運んでくれたりして親切だし。というかそれじゃカフェテリアスタイルじゃなくても良いようにも思うのだが、カフェテリアって逃げられないから色々売り付けるのには都合が良いのだろうか。ここではベジタブルカレーセットとミックスカレーセットとビールとロイヤルミルクティを頼んだ。カレーは超スパイシーで劇ウマでした。デザートも美味しそうだったなぁ。


トヨタグループ館
約90分並んだ。とにかく金の掛け方が半端ではない。目に見える範囲だけでもスタッフの数が多い。ロボットやi-unitのメンテナンス要員とか裏方も多数いるはずだ。しかもアテンダントは美人だらけだ。
並んで待ってる間に見せられる映像もセンスが良い。更に単に仕込み済みの映像を流すだけではなく、ダンサーを交えたライブパフォーマンなので迫力がある。音楽も良いしPAも最高だ。ちなみにスピーカーは天井にJBLが鈴なりだった。何もかも超一流を揃えた感じだ。しかも一日14回公演で、六ヶ月間休み無しだ。きっと無事故で終えるだろう。トヨタグループのマネージメント能力の高さに脱帽だ。機会があればもう一回見ても良いくらいだ。
posted by かば at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくもまぁ1日でこんなに廻ったものですねぇ。
これ読んで、満足しかけてしまいました。。
でも、もうチケット持ってるので、頑張って行きますけど。

最後の、太陽の塔Tシャツ(?)が、35年の世の中の移り変わりを感じさせるような、そうでもないような感じで good でした。
Posted by シミー at 2005年05月22日 01:31
朝一回目は予約対象ではないパビリオンが多いようなので、そこをどう行動するかが鍵のようです。

太陽の塔のTシャツのオレンジの文字はEXPO 70とプリントされていて、本当はEXPO 2005と書かれている看板かなにかをバックに写真を撮ろうと思ってたんですが、中々良いポイントが無くて仕方なく最後にトヨタ館をバックに撮ったものです。
Posted by かば at 2005年05月22日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。